FC2ブログ
2014.02.27 17:56|虫の森
ある日、家の壁に沢山のアリがいるのを発見。

近寄って見るとそれは、ツムギアリ の集団です。
100匹はいるでしょうか。

ツムギアリは飴色でつぶらな目をしたアリですが、
その集団の真ん中に、羽のある巨大なアリが1匹。

大きいけれど、顔の形や色、つぶらな目はツムギアリと同じ顔

ツムギアリの女王アリです。 

みんなで女王アリの周りに集まり、女王アリと1匹の働きアリキスをしています。

これがその時の写真。↓

ツムギアリの女王と働きアリ

女王アリは働きアリの体を手で押さえ、ラブラブ? 
イエイエ、働きアリが女王アリに口移し食事 を与えています。
その証拠に、女王は 次から次へと 別の働きアリとキスを繰り返し、
女王アリの 身の回りをお世話 する働きアリもいます。

すべての働きアリが、食事をさしあげ、お世話したいと女王アリの周りに集まり
順番 を待っているかのようです。

長い時間観察をしましたが、これ以上の変化は見られません。
一体何のために集団で壁にいるのか?
そして、巣の中に普通なら要るはずの女王が壁にいるのかも不思議。
女王アリの旅立ちかも。

夕方に観察終了。

翌朝 壁を確認すると働きアリは 半分 ほどに。
良く見るれば、多くの働きアリは 力尽き 壁から落ちて んでいました。

集団から女王は一度だけ2mほど移動し、
しばらくするとまた集団の中に戻り
再び慌てたように、働きアリから口移しで食事を与えてもらっています。

体は大きいけれど、子供のよう。
1人立ちするのが怖い女王は一旦は働きアリたちから離れたけれど
怖くて舞い戻った・・・という感じに見えました。

3日目の朝
ツムギアリの女王の周りには 10匹 ほどの働きアリしか残っていません。

死んでも攻撃

女王アリの にいる 働きアリ、実は んでいます。

取り巻きの働きアリの数はバラバラと壁に居て、そのうちの何匹かは
手足が辛うじて壁に張り付き、ぶら下がったまま死んでいます。

仰向けにぶら下がり、ちょうど口が上に向いて死んでいた働きアリを
女王が自分に食事をあげようと口を差し出しているのだと勘違い して、
働きアリの顔を持ちキスをしました。

死んだアリが食事を与えてくれる事もなく、
働きアリが死んでいる事を 理解 していない 女王 は、働きアリを壁に押し付け
怒り をぶつけました。

写真の女王の口が開いているのがわかりますか?

『働きアリが 女王に食事を与える事は当然の事
この働きアリは、最高地位にある私に食事を与える事を 拒絶 した 無礼者!
とでも言っているかのようです。

女王はこの後に更に大きく口を開き、全身で怒っている様子でした。

小さな虫の世界の出来事。

人間の暮らしには 何も影響が無い 事だけれど、
小さな虫にも があり、物語があって、
それは、自分から関心を持たなければ見過ごしてしまう出来事。

“生まれながら 自分は絶対権力者 である”とインプットされている女王アリ。
“生まれながらにして献身的に 女王に尽くす者”としてインプットされた働きアリ。

死んでもなお、女王アリから叱咤された働きアリ の姿は、
何よりも 衝撃的 でした。

夕方に壁を見ると3匹のツムギアリが壁に残っていましたが
女王アリはどこにもいませんでした。

100匹もの働きアリから献身的な世話を受け、彼らの命も尽き、
ようやく自らの巣を作るために飛び立つ決心がついた のでしょう。

女王アリの旅立ちの物語は終わり、
どこかでこの女王アリの城(巣)作りの物語は始まったばかりです。

テーマ:昆虫の写真
ジャンル:写真

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール

びもりか

Author:びもりか
イラストを描いたり料理や裁縫が大好き。
生き物や植物、自然にある模様や不思議を見つけてワクワク。
ネコと暮らし中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR