FC2ブログ
2015.09.29 15:53|植物の森
クルブシの上の小さな傷が化膿して足の甲まで腫れ上がった時、
一度 狩猟採集民に伝わる森のクスリを使いました。

今回は、その時の話です。

            *  *  *

最初にできた時の傷は多分ゴマ粒ほど。

足が腫れた時には7ミリくらいの傷に。
この時、最初に仲間から貰った抗生物質入り飲み薬は6日分。

抗生物質の威力はすごくて、飲んだ翌日から皮膚破け
皮膚の下で化膿していた部分があらわに。

それはまるでホラー。傷口は3cmに広がりました。

このまま静まってくれればと期待したものの、薬は残り1回。 
中途半端で中断 (-_-)

そう思っていた日、ちょうど私の家に来たアンボロ
「後で、森のクスリを持って来る」を言い、帰って行きました。

え? 森のクスリ (^o^)
抗生物質が1回分で心持たない時。
嬉しい気持ちと、大丈夫かな? と言う気持ちが入り混じっていました。

夕食をとっていると、アンボロ奥さん“森のクスリ”を届けてくれました。

が降り、森に行くのが遅くなってになった・・・」と言うアンボロ。

やっぱり、あの後にアンボロは奥さんに言い、森に行ってくれたのです。
奥さんは妊娠中なのに・・・ありがたいことです。(T_T)

「森のクスリ傷の上せ、になったら綺麗な水で洗い落すのよ」
そう言って手渡されたボトル。

樹皮と聞いていたので、茶色いクスリを想像していたけれど
想像とは違い、キレイな緑色 ↓
森のくすり1

樹皮を、オレンジ色アブラヤシ油に浸けた“膿出しのクスリ”です。

その晩、最後の抗生物質の飲み薬森のクスリで、体の外と中からタブル治療。

クスリの瓶を開け香りを嗅いでみると、ほうれん草のお浸しに、
ごま油を垂らしたような良い香り

傷の上に“森のクスリ”を乗せ、おやすみなさい (-_-)zzz

翌朝、そっとガーゼをはがし・・・。
森のくすり2

クスリを水に流して見た傷は、まるでバジルが乗った焼く前のチーズ・ピザ

も確かに出ています。
その膿を取るのが良いのは解っているのだけれど、
痛みを無視して膿を綺麗に取り除くことが、なかなかできず。

結局、素人判断はできないと、アフリカ暮らし初の病院へ。

病院の先生容赦ナシ。ガシッと膿を擦り取られました。(T_T)う、ぅ~っ

先生の治療方法を見てから思ったのは、
とにかく消毒と、痛くても膿をしっかり取り除くこと。
そして10日分の抗生物質の飲み薬 2種類と、痛み止めを貰いました。

再度、体内と外からの治療です。 数日間通院して膿み取り&消毒治療。

抗生物質、包帯、ガーゼ、バンソウコウ、消毒液、森のクスリ。
アンボロと奥さん、病院の先生・・・本当に沢山の人と物にお世話になりました。

最初に傷を作ってから1ヵ月。
1粒の小さな傷から沢山学んだ今回の傷騒動。
あと一押し、完治を目指します。
スポンサーサイト



08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

びもりか

Author:びもりか
イラストを描いたり料理や裁縫が大好き。
生き物や植物、自然にある模様や不思議を見つけてワクワク。
ネコと暮らし中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR