FC2ブログ
2016.04.27 10:54|人の森
物が溢れる日本での暮らし。
当たり前にあることが突然に無くなると、当たり前だったことが実は当たり前ではないことに気づきます。

店に買いに行けば、なんでも手に入る日本。
24時間いつでも開いているコンビニ。
ネット注文すると翌日には到着する品物。
冷凍鮮魚は冷凍のまま自宅へ宅配。
ほぼ定刻に着発する公共の交通機関。
24時間切れることのない電気や水道。

コンゴ共和国に住んでいると、上の例は全て当てはまらず。
生活をしているとコンゴ人との日々の出来事から、原点に戻ることがあります。

その1つがこれ。
手作りホウキ1
手作りホウキです
なんだ、こんな貧乏くさそうな変なホウキと思わないでくださいね。

このホウキを作ったのは狩猟採集民のおじいちゃん。
現金収入のために庭師の仕事をしています。

彼が仕事を終え帰宅。
その後、私は外に落ちているホウキを見つけ写真に撮りました。

このホウキから、おじいちゃんの仕事の流れが推測できます。

朝、おじいちゃんは家の周囲の落ち葉をはこうとやって来ました。
「おや!いつも置いてある熊手が今日はないぞ。誰かどこかに持って行っちゃった、困ったな〜。無いなら、作るしかないか…。」

彼は落ちている小枝を集め、どこかで古タイヤのゴムを調達し、柄と小枝をゴムで固定。
手作りホウキ2
手作りホウキで落ち葉をはき、仕事をやり終えると…ホウキを地面に投げ捨てて帰宅。
(こんなところが、コンゴ人ぽい (^o^))

私はホウキを拾い上げ、地面の落ち葉をはいてみるとは、思った以上に丈夫。
十分に用を足せます。

既成に頼らず『無いから、ある』に変えてしまう、コンゴ人から学んだ考え方の柔軟さ。
私も忘れないよう心がけています。

誰もが十分でない場所にいても、わずかな物から知恵を絞り、事足りる物を作ることができる…そんなことを教わった気がします。

手作り 万歳 ヽ(^o^)丿

テーマ:写真ブログ
ジャンル:ブログ

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

びもりか

Author:びもりか
イラストを描いたり料理や裁縫が大好き。
生き物や植物、自然にある模様や不思議を見つけてワクワク。
ネコと暮らし中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR