FC2ブログ
2018.12.26 20:59|ガボン共和国
私がアフリカで暮らしていた頃、
嬉しかったことが数えきれない程あります。

今日はふと、こんな事を思い出しました。
それはガボン共和国で暮らしていた時の事。
私は1つの家を一緒に仕事をしていたガボン人の女性と、半分つつシェアしていました。

台所だけ我が家側にあり、私は彼女から多くのガボン料理と
日本では見たことがない食材の料理方法学んだものです。

彼女は単身赴任。
自分の娘さんの孫2人(1人は赤ちゃん)をその家で預かり育てながら
他のスタッフの子供も2人預り働きながら子供の世話していました。

ガボンでは育てられる環境があれば、他人の子を育てることは普通。
懐が深~い お母さん お父さんが多いようです。


世話をしている彼女の子供に近所の男の子が1人加わり
私の周りには男の子2人。女の子が2人(+赤ちゃん)の
計5人が集まってつるんでいました。

そんな訳で、飽きる事がありません。

子供達は、私のつたないフランス語を理解してくれて
私はガボン人の子供たちの世界を一緒に体感していました。

子供達は私にフランス語を教えてくれたり、
「こうするのよ」と得意げにアドバイスをしてくれたり
時には現地語を教わったりすることも。
私はいつも快く対等に付き合う事をモットーに(^ - ^)ニッコリ

私はアフリカ人にはなれないけれど、
気さくな彼らと過ごしていると良さがも悪さも見えてきて、
素直に溶け込みたいと思う気持ちが芽生えます。

それはどこの国でも、長く住めば同じではないかな?

そんな時、私の嬉しかった出来事は
こんなちっぽけで可愛い出来事です。

いつもの子供達と一緒にいると、近所の男の子が私に向かい
コピンヌ こっちに来て!」と呼んでいます。

コピン
あ!(今まではマダムだったのに)( ・∇・)

子供達の仲間に受け入れられた瞬間でした。

だから、私はフランス語で
仲間、相棒、友という意味のコパン、コピンという言葉が大好き

男性の仲間はcopain(コパン)、女性の仲間はcopine(コピンヌ)。

小学校1年生くらいの男の子からガールフレンドと呼ばれて、
なぁ~に?と言いながら飛んでいく私。

もうあの子達は16歳くらいかな。

子供達と過ごしたホッコリする嬉しい思い出です。
スポンサーサイト



テーマ:今日のブログ
ジャンル:ブログ

タグ:嬉しかったこと 思い出 コピン

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

びもりか

Author:びもりか
イラストを描いたり料理や裁縫が大好き。
生き物や植物、自然にある模様や不思議を見つけてワクワク。
ネコと暮らし中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR