家の横をマルミミゾウが通り、サルが木から木へ。見た事もない鳥や花、不思議な姿の虫。毎日が驚きの繰り返し。日本では教えてくれない今のアフリカを現地で生活し私の目を通し考え感じた日々の出来事をつづります。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本初! マルミミゾウの今がわかる本が出版されました~
2012年04月19日 (木) | 編集 |
知られざる森のゾウ_web a
          知られざる森のゾウ

日本では「幻のゾウ」と呼ばれているマルミミゾウ。
そのマルミミゾウの事が、良く解る書籍が日本で初めて出版されました! 

マルミミゾウの研究者 ステファン・ブレイク氏が
長年アフリカコンゴ共和国でマルミミゾウの研究をし、書き上げた本を
ブレイク氏の仲間でもある
20年以上アフリカ中央部でアフリカ熱帯林を見続け、
今現在もアフリカ コンゴ共和国の北部で野生生物保全に関わっている
西原智昭氏が翻訳を手がけた《マルミミゾウの今》が解る本です。

ゾウの祖先の話から始まり、どのようにマルミミゾウが進化し、
今に至ったのか?
どのような物を食べ、どのように暮らしているのか・・・。
マルミミゾウの研究がどのように行われいるか?
マルミミゾウを取り巻く熱帯林とその周りに暮らす私たち人間の活動など
初心者でもわかるように、ひも解いている本です。

普通なら見る事が出来ない専門的な貴重なデーターや写真が満載。
多くの研究者や、カメラマンがこの本の出版の為に協力し、提供してくれています。

この貴重な本を日本人にも紹介するために、西原氏自ら筆者に声をかけ
西原氏も一章加筆しています。
アフリカと日本との繋がりも垣間見れる本です。

本で得た収益はすべて、マルミミゾウの保全の為に使われる
マルミミゾウの為の本です。

題 名● 知られざる森のゾウ ―コンゴ盆地に棲息するマルミミゾウ―
仕 様● B5版・オールカラー・96ページ・ハードカバー
価 格● 税込 2500円
出版社● 現代図書
著 者● ステファン・ブレイク
翻訳者● 西原 智昭

アフリカ コンゴに居ながらの出版は通信の不便な場所でもあるため
数度の校正の重たいデーターのやり取りに始まり、出版にこぎつけるまで
やっとの事だったようです。

アマゾンでもこの本を取り扱っています。
マルミミゾウの事を知りたいと思われる方は是非どうぞ!

 アマゾンからも購入可能です!




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。